• TOP
  • 家族の楽園
  • ランドプラン
  • 自然環境
  • 周辺スポット
  • アクセス
  • 物件概要
TOP > 自然環境
自然につつまれた暮らし・・・いやされますね
安らげる理由《わけ》があります。フィトンチッド(森林浴成分)

6つの公園は緑がいっぱい 街の中心には、5つの街区と6つの公園をつなぐように「パークアベニュー」をプランニング。植栽や花を効果的に配置して、街の中心にふさわしい潤いの風景をデザインしています。

6つの公園 画像

紀元前から人類に利用され、ギリシャ神話・聖書に数多く登場する果樹。
未熟な実をピクルスにし、熟した実を搾ってオリーブ油を採る。日本では、小豆島の名産品として有名。

ギリシャ・イスラエル・ポルトガルの国花
 

果実と葉の両方が楽しめ、アレンジ用やブーケなどに利用される人気のある花(切り枝)です。
花は鮮やかな黄色ですが、花弁が落ちると、花の中央にある子房が徐々に肥大して果実になり、赤く色づいてくると収穫期になります。
     

ギリシャ神話の女神の名前に由来。別名を Liriope(リリオーペ)
日本庭園の木々の根元などにアクセントとして植えられることが多い。 葉が斑入り(ふいり)のものもある。万葉集にも歌われるほど歴史ある蘭です。
 

オシダ科の夏緑性シダ植物。
若芽は「こごみ(屈み)」と呼び、山菜として食用にする。 「こごみ(屈,屈み)」とも呼ぶ。
     

イヌツゲは刈り込みに耐えるので、生け垣やトピアリーには最適の庭木です。
実は紺〜濃紺です。わずかに薄桃色をした1cm程の小さな花は、リンゴの花のようで可愛い。
 

葉の色と似ているのであまり目立たない。
・材は緻密で堅く、印材、定規、櫛、将棋の駒 などに用いられる。 ”つげ細工”

別名「西洋黄楊(せいようつげ)」
     

明治の末、尾崎東京市長がワシントンに贈ったサクラの返礼にと贈られて以来、街路樹や庭木として高い人気を誇っている。
 

なめらかな木肌は、樹皮が定期的にはがれ落ちるため。線路の枕木や床柱に使われる。
新しく伸びた枝の先に花を咲かせるので、冬に剪定をするとよい。
     

「苦労せず金持ちになれる」とのごろあわせから庭木などによく使われており縁起の良い樹種です。
モクセイ、モッコクと並んで庭木三名木と呼ばれています。
萌芽(ほうが)力の強い樹種なので、枝が折れたり樹形の乱れた成木は、主幹を強く切りもどし、ずん胴仕立てにしても意外に風格があります。
 

バラ科。中国から渡来し、ユキヤナギと近種。
ちなみに「オオデマリ(大手鞠)」は、スイカズラ科の植物。
丸く盛り上がって咲く花の様子を、手毬(てまり)にたとえてつけられた名前。
     

生の葉は料理のあしらいとして、赤飯の飾りとして添えられますが、
葉には、解毒作用や殺菌作用があり、歯痛に効果があります。
生の葉を水切りネットなどに入れて入浴剤代わりにしたり、お茶にして飲んだり、 お茶として入れたものを咳止めのうがい薬にして利用します。
 

独特の強い芳香には、記憶力を高める・若返りなどの薬効がある。
文学作品や戯曲、詩や歌にも多く登場している植物。
料理にも良く使われ、オリーブオイルに漬けて、香りを楽しむ事も多い。

-